資金調達サポートの必要性

資金調達サポートとは

それぞれの手段について

まず資金調達手段についての知識を増やしていきましょう。資金調達手段といたしましては大きく分けて融資、補助金•助成金、個人借入、出資が存在いたします。

融資は公庫融資、信用金庫からの融資、銀行からの融資などがありますがこの他にも融資の種類は多く存在いたします。これらの融資はメリットやデメリットもそれぞれ違えば条件なども選ぶ融資によって異なってまいります。また融資先によっては金額上限が存在する場合もあります。みなさまがお考えの金額を得ることが可能な融資先を見極める必要があります。
次に補助金•助成金についてご説明いたします。補助金•助成金も融資と同様でさまざまな方法があります。補助金•助成金はいつでも借りることができるという訳ではなく申請の時期が決まっていたり対象者になるための上限が存在したります。

異なる内容

ではここからは個人借入と出資についてご説明いたします。

個人借入は身内や友人より資金調達をするという方法になります。起業するには1万円や2万円という訳にはいきません。果たして大きな金額を貸してくれるかどうかということが難しくなってまいります。また、事業が成功しなければトラブルにも発展してしまう恐れがあるためリスクの高い資金調達手段となります。また個人借入の手段といたしましては銀行のローンを組むといった手段もこの他には挙げられます。

最後に出資では自己資金の利用やエンジェル投資家からの出資、クラウドファンディングなどが挙げられます。出資は選ばれます方法によって内容が大きく変わってまいります。それぞれのメリットや資金調達までの内容も大きく異なってまいります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る